【ビットコイン積立】どこがいい?毎日毎月どっち?メリット・デメリット解説

最近になりビットコインの積立投資なら素人の自分にもできそうかな~とか思っておりまして。

 

それでビットコインの積立をするなら毎日?毎月?メリットやデメリットやおすすめの投資先をおしえてほしいな。

今回はこのような悩みにお答えします。

結論から申し上げすと、ビットコインの積立ならローリスクハイリターンを望むことも決して難しいことではないです。

どういうことかというと、以下のヤフーニュースのトピックをご覧ください。

(引用)だがビットコインは依然としてキングであり、2022年の不安定なスタートを経て、下半期には20万ドル(約2300万円)に達する可能性があるという。

このブログ記事を書いている現在においてビットコインが(1BTC)において約500万円ということです。

そのためこれからうなぎ上りする可能性も決して低くはないという見解です。

というか、伸びしろ期待値のほうがデカいですよね。




ビットコインの積立投資をするならどこがいいのか解説します

ではビットコインの積立投資をしてみようとは思うものの、どこで取引したらいいのか?

ということについて解説していきます。

答えは以前にツイートした以下のとおりです。

基本的にコインチェックもビットフライヤーも国内最大手の仮想通貨取引所です。

もっとも安心して取引できるのがコインチェック、もしくはビットフライヤーです。

しかしながらビットフライヤーにおいては入金した分で「積み立て」が行われる点がデメリットといえばデメリットといえるかもしれません。

逆にコインチェックであれば引き落とし銀行を設定できますので、

「ああ~入金し忘れてたー」ということがないことがメリットといえるかもしれません。

どちらにせよ、僕自身において毎月のビットコインの積立ですが、コインチェックもビットフライヤーも利用しております。

なぜかというとそれぞれコインチェックにしかないサービスもあり、ビットフライヤーにしかないサービスもあるからなのです。

ビットフライヤーに関していえば「Tポイントからビットコインに換金できる」というサービスがとても僕は好きで重宝しています。

Tポイントってなにげに貯まりやすいポイントですからね。

ビットコインの積立は毎日と毎月のどちらがおすすめなのか解説!

こちらに関してですが、毎日積み立てと毎月1回の積み立てだと手数料の関係上、毎月1回の積み立て投資のほうがお得になります。

しかしながら毎日積み立てもメリットが大きいのも確かなのです。

なぜならば、ビットコインに限らずにイーサリアムもモナコインや他アルトコインも毎日相場がけっこうな割合で上下に動いているからなのです。

ですので投資信託をさせている方であればおなじみ「ドル・コスト均等法」という理論で、毎日積み立てのほうが均等に積み立て投資できるといえるかもしれません。

ちなみに仮想通貨であれば、数年後、数十年後を見据えてのガチホ(長期保有)されるほうがメリットだと理解されている方が多いはずですので、そこまで毎日積み立てじゃなくてもいいかなぁというのが個人的な見解になります。

ビットコインの積立にそれでもどうしても不安があるという方に

ビットコインの積み立てのやり方や始め方に不安感があるという方に、実際に画像をキャプチャーしながら僕が実際に重宝しておりますコインチェックで積立手続きをした手順をここで掲載します。

上記のとおりです。

およそ5分もあればコインチェックでの積立投資の手続きは完了しますのでなかなか時間がとれず忙しい40~50代サラリーマンでも仕事終わりの夜にサクっと積立設定ができてしまいますのでどうかご安心ください。

それでは続きまして、クリックを押すと「銀行指定」のフォームに移ります。

僕の場合であれば「ゆうちょ銀行」を選択しました。

上記のような流れです。

ひととおり目をとおしからクリックを押します。

お客様情報と電話番号を入浴してから「進む」をクリックします。

ここまでで約2分半ぐらいです。

残り2分半、もう少しです。

ワンタイムパスワードを入力します。

それからまた「進む」をクリックします。

そうしますと、無事に申し込みが完了します。

あとはお好みにあわせて「お気に入りの仮想通貨」や「毎日&毎月積み立て」の選択チェックをします。

以上、ここまでで4分40秒ほどでコインチェックによる積み立て投資設定が完了です。

あ、そうそう、積み立て設定をしても次の月から開始になるので、

「すぐに積立投資をしたい」

「明日からでも積立投資をしたい」

といったユーザーの方であれば、コインチェックよりもビットフライヤーをおすすめします。

なぜならビットフライヤーであれば入金された金額で「次の日からでも積立が可能」だからです。

コインチェックもビットフライヤーもそれぞれにメリットもあり、しいてゆうならばデメリットもある(人によっては)ということになります。

ですので、まずはコインチェックで暗号資産になれてきたらビットフライヤーも口座開設しておくべきなんです。

それが結果的にリスク分散になるからならなのです。

仮想通貨やら暗号資産やら最近なにかとテレビのCMやラジオで流れてくるのをみたりきいたりして興味がでてきたけれど、危険性もなく安全にできるものですか?

はい。

結論から申し上げますと、物事に「絶対」という言葉はあるわけがないということはこれまでの仕事業務や家庭家族を通じてあなたも「たしかにそうだよね」と納得していただけることと思われます。

暗号資産(仮想通貨)投資が安全か危険かということに関してましては、ぜひこれから当ブログ「Iam coin blog」をご覧いただくことで「悩みが解決」できるはずです。

それはなぜかというと、当ブログでは実際にこれからリアルタイムでアラフォー3児パパが「5万円スタート」から暗号資産に仮想通貨投資してみた話を実況中継式にお送りしていく予定だからなのです。

そのため、暗号資産(仮想通貨)投資が危険か安全かという「答え」はこれから更新されていくであろう当ブログをお読みいただくことであなたの「仮想通貨にたいしての不安や怖さ」のようなものが少しでも払拭できれば幸いです。

もちろん当ブログの運営人でありますアイアム僕自身も仮想通貨をはじめたばかりで、これから大きな失敗もあるかもしれません。なにかしらのアクシデントに見舞われる可能性だってございます。

しかしながらそれもこれも包み隠さずにリアルに当ブログでその様子をどしどしお届けしていきたいなぁと思ってますので、ぜひちょくちょく当ブログ「Iam coin blog」をチェックしていただければうれしいです。

ということで、さっそくコインチェックの口座開設の登録が「できました」という案内ハガキ」がきました。

コインチェックでは「5万円」入金スタートで仮想通貨(暗号資産)投資の実践記をスタートいたします。

そしてこちらのビットフライヤーの数年前に口座開設してほったらかしにしていたのですが、このたび復活させました。

ビットフライヤーでは、積み立て投資をメインにしてみようかなぁとおもってます。

毎日333円積み立てという、仮想通貨を毎日購入するというスタイルでやっていこうかな、というかんじです。

こちらの2つの仮想通貨に関しての口座をメインとしながら、仮想通貨投資の危険性や安全性についてこれからリアル解説していきます。

・ビットフライヤー

コインチェック

40代という決してすでに若くはない年齢のおじさん(アイアム自身)のリアルな体験を通じての体験談をお送りしていきますので、どうぞこれからよろしくお願いいたします。

というわけで今回は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました