【おすすめ】介護派遣で高時給狙いは夜勤専従の単発がオススメ!!

ゆうこ派遣
ゆうこ派遣

あなたが今まさに介護派遣で働くうえで夜勤専従の単発を選択しようとしているならば、間違いなくセンスが良いといえます。

なぜなら介護派遣で高時給を狙うなら夜勤専従の単発でいくつか掛け持ちを組わせることで、より高単価に稼ぐことが可能になるからです。

しかしながら介護派遣会社選ぶを間違えると高単価どころか悪質な施設を紹介されたりして結果的に働き損をしてしまう原因ともなりえます。

そのため信頼できる介護派遣会社をいくつか登録しておくことが最も大切なことだったりします。

私自身も常日頃から利用している信頼できる介護派遣会社をいくつか下記より紹介いたします。

おすすめはこちらの3つの介護派遣会社になります。

かいご畑※介護職での就業・転職を検討中の方必見!

マイナビ介護職※介護職の方のための転職・就職支援サービス!

きらケア派遣※「無資格」「未経験」の方もサポート!

結婚前、老人ホームで調理師として働いていました。

とにかく忙しかったですね。そのため、介護の資格や経験はありませんでしたが、簡単なお手伝いはさせていただきました。

主な仕事は、施設に入居されている方の食事を作ることでした。その他、入居者の方との会話や見守り、介護スタッフの補助などを行っていました。

高齢者の生活は平穏だと思われるかもしれませんが、毎日いろいろなことが起こります。

女性が多いせいか、いつもケンカが絶えませんでした。

いつもどこかで何かが起きているような、慌ただしい毎日でした。

しかし、その中で私は多くのことを学びました。

高齢者の生の声を聞ける機会はそうそうない。大変なことも多かったですが、スタッフ間の絆はとても強かったと思います。

主婦になり(現在はシングルマザー)となった今でも、いい仕事だったと思っていますし、いつかまた同じような仕事をしたいと思っています。




介護派遣で働く介護士も人手不足なのはなぜなのか?

慢性的な人手不足の原因として、誰もが真っ先に思い浮かべるのが「賃金の低さ」です。

経験や資格があっても、待遇は微々たるものだったようです。

家庭を持つ男性は賃金の低さを理由に転職し、独身者でも「実家暮らしでないと生活ができない」と嘆いていた。

生活のために好きな仕事を辞めなければならないのは、とても悲しいことです。

早く改善されることを心から願っています。

もちろん、体力的にきついというのも理由のひとつだと思います。

重労働のため腰を痛めている人がほとんどです。

十分な人員配置と、毎日の休憩や長期休暇が取れる環境であれば、少しは改善されるのではないかと思います。

それから、いじめもありました。

入居者が若い女性スタッフをターゲットにすることが多かった。

これは見ていて姑息な問題のような気がしました。

介護や福祉業界はサービスを受ける側は増える一方で、サービスをおこなう側として働く人々が不足してきていると思います。

需要が増えてきた理由としては

①日本で高齢化が進んでいること

②以前は障がいを持っていると認識されておらず、少し変わっている人として認識されてきた人たちが、最近になって変わっているわけでなく何らかの障がいがあって集団生活を送る際に弊害が出てしまっている。

③またその認識されるようにな障がい者や発達の遅れている子供たちといったタイプに属する人たちが増えてきている、というものが考えられると思います。

今、人手不足と言われると、サービスを受ける人のために一生懸命働いている人たちに負担をかけることになると思います。

人材不足→一人当たりの仕事量が増える→仕事の量や内容に見合わない給料だと感じる人や、体力を維持できずに病気になる人が増える→定年退職者が増える、という負の連鎖が現在起きているような気がします。

人口が減少している日本では、サービスを受ける人が増え、サービスを提供する人が減っている。

また、介護や福祉の仕事は、体位変換や入浴介助など体力が必要で、高齢化が進む日本では、体力の問題で働きたくても働けない人が増えてきています。

また、サービスを受ける高齢者の多くは都市部から離れた田舎におり、障害者施設も都市部ではなかなか受け入れてもらえないため、私の知る限り田舎にあるようです。

給料も田舎より都会の方が比較的高いようですし、仕事も会社も都会の方が豊富なようです。

サービスを提供する側の人材が不足すると思います。

夜勤専従として介護派遣で働く介護士は高時給?低収入?どっちなの?

これに関しては先ほどの解説しましたが「介護派遣会社」選びがキモとなります。

ですので信頼のおける介護派遣会社で登録して働くことで低収入というステージから脱却できることも事実です。

おすすめはこちらの3社です。

かいご畑※介護職での就業・転職を検討中の方必見!

マイナビ介護職※介護職の方のための転職・就職支援サービス!

きらケア派遣※「無資格」「未経験」の方もサポート!

介護・福祉業界は、重労働の割に賃金が安いというイメージがあります。

老人ホームや介護施設では、利用者が施設職員に罵声を浴びせたり、逆に施設職員がストレスで利用者に手をあげたりするイメージがある。

利用者とのコミュニケーションに加え、身体的なサポートや身の回りの世話をすることは、職員にとって精神的にも肉体的にも大きな負担になると思います。

実際に利用者を虐待して死なせてしまったというニュースを見たこともあり、こういった仕事には黒い印象があります。

一方で、この仕事には心打たれる瞬間がたくさんあると思います。

困難な状況の中でも、利用者の方からの感謝の言葉で成り立っていると聞いたことがあります。

また、身内に要介護者がいて、それがきっかけで介護や福祉の仕事に興味を持ち、仕事にしている人も多いように感じます。

い意味でも悪い意味でも人との関わりが非常に多い仕事なので、トラブルが起きやすいイメージがあります。

労働環境と賃金が見合っていないことが原因だと思います。

特に、人間を相手にすることがメインの仕事で、見ず知らずの人の身の回りの世話をしなければならないのは、かなり大変だと思います。

特に排泄に関しては大変だと思います。

寝起きの介助は体力がないときついですし、職員の言うことを聞かない人もいると思います。

介護派遣の夜勤専従はたしかに高時給だけど地域によっても格差がある理由とは?

各種補助金や手当が加わり、以前より給与は上がっていますが、福祉業界はまだまだ低賃金です。

身体介護や入浴介助は通常の仕事より大変だと思いますが、それでも時給に換算すると、軽度の障害者や高齢者のデイサービスなど、介護度の低い仕事と同等の給料になります。

また、仕事内容も曖昧で、利用者の介護ができたり、いろいろなことに気づけるほど、仕事量は増えます。

例えば、オムツ交換の際、時間が来たら交換するスタッフと、利用者が排尿して気持ち悪いからと定時以外に交換するスタッフでは、仕事量に差が出ます。

また、身体介護を伴う場面では、ヘルパーの資格を持ち、応用力のあるスタッフは短時間で多くの人の介護ができますが、スキルのないスタッフは時間がかかり、介護者自身や間違った介護の仕方で利用者の身体を傷つけてしまう可能性があります。

医療的ケアが必要な患者さんには看護師が対応しますが、そもそも痰の詰まりなどに気づけない職員もいます。

人手不足の原因のひとつは、辞めていく人が多いことです。

前述したように、身体的負担の割に賃金が低く、事務作業など仕事量も多い。

また、「資格不問」という求人も多いため、福祉業界とは全く異なる職種から転職するケースも少なくありません。

入社後にヘルパーの資格を取ればいいと思うのですが、お金がかかるからと取らず、結局身体を壊して辞めてしまう人が多いんです。

また、担当者の意識にも問題があると思います。私は福祉業界に長くいますが、些細なことでも相談できる上司はほとんどいません。

また、入所施設のような場所でルーティンワークを行う場合、個別に支援することになるので、お手本となる先輩がいても指導を受けることは難しいです。

あとは、コーディネーターのスキルですね。

福祉施設では勤務時間がシフト制になっているところが多いと思いますが、私が以前働いていたところでは、個人でのシフト変更は厳禁で、必ずシフトを決めるコーディネーターを通さなければいけなかったんです。

ダメな介護施設は放っておいてもいずれ淘汰される運命にあるので別にいいや~とは思いますが。

高齢化が深刻化する現代において、介護・福祉は今後ますます必要不可欠になると感じています。

高齢者人口の割合は年々増加していますが、介護・福祉業界で働く人の割合はまだまだ少なく、業務内容も多岐にわたるため、非常に負担が大きいという印象があります。

取引先の介護会社の社長に聞いたところ、介護業界は若い人が集まりにくく、仕事もハードなのに、女性の職場というイメージがまだ残っているため、男性社員が少ないそうです。

ITやロボットの普及で労働環境は徐々に良くなっている印象ですが、まだまだ体力勝負の業界というイメージが強く、自分の健康面も考慮して50代、60代になっても働けるかどうか。

とはいえ、やはり体力的に厳しい業界という印象はあります。

また、女性の職場というイメージがある業界なので、人間関係で苦労することも多いのではないかという部分もあります。

介護・福祉の重要性は広く認識されており、この業界を志望する人は増えていると思いますが、実際に働いてみると想像以上に過酷な職場だと感じ、退職する人が多いことが定着率の低さの原因だと感じています。

かつて、私は学生の頃、介護施設で1週間のインターンシップを経験しました。

その時、一人ひとりに対応することの大切さを実感しました。

全くの素人でしたが、マニュアルはなく、実践で失敗しながら学んでいくのだということを雰囲気から感じ取りました。

近年は、失敗が許されない時代になってきたように思います。

何か問題があればニュースやSNSで拡散されるため、より慎重にならざるを得ず、そのストレスは想像以上に大きいようです。

また、家族からの要望やクレームも非常に多く、その対応も大変なので、純粋な仕事以外の苦労も増えて離職率も高いように思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました