【遺品整理の進め方】やり方・コツ・自分たちで費用は?無料で?

突然の電話・・

 

田舎の父が亡くなり、実家の遺品整理をどうしたらよいか悩んでいます。

 

遺品整理のコツややり方、自分たちで進める場合に費用はいくらぐらいかかるものか知りたい。

こんなお悩みを解決します。

アイアム
アイアム

こんにちは、在宅ケアマネジャーのアイアムと申します。

まず結論から申し上げますと、遺品整理ならダンゼンにバイセルを利用することをおすすめします。

その理由は、遺品整理を自分たちで行うにしてもトラブルが発生しやすいからです。

「親の遺品だから残しておかなければならない」

「親の家をどうするかゆっくり残された者たちで考えなければならない」

「親から譲り受けたものは大切に扱わなければならない」

などなど「~ならない」発想で多くの遺族の方々は困り果てるのが現状です。

気持ちは分かります。

親から譲り受けたものや家を大切にいつまでも残しておきたい。

父や母の思い出で整理するなんてそう簡単にできるわけがないはずだ。

という遺族の方々の気持ちはわかります。

ですが、人生100年時代とはいえ、人生が永遠にいつまでも続くわけではないですよね。

だからこそバイセルなど利用することで、遺族間での物事におけるトラブルも防止することが可能になります。




遺品整理いつからしていいのか?何する?何を残す?何日かかるの?

遺品整理はいつからでも可能です。

生前に行うことで遺族間でのトラブル防止にもつながります。

行政(市役所・区役所)にはエンディングノートという「人生の最後」を自分自身がどう迎えたいのか書き記すノートもあります。

アマゾンや楽天ストアであれば、もっと詳細なエンディングノートも販売されておりますので、よろしければこちらからチェックしてみてください。

遺品整理はまず何をすることから始まるか?

遺品整理はまず亡くなった親の遺品を整理することから始まります。

しかしながら残された遺族たちが行うことで「トラブル」が発生しやすいことも事実です。

ですので「バイセル」など利用することでトラブル防止にもつながりやすくなります。

遺品整理は何を残すのか?何日ぐらいかかるのか?

残された遺族の方々で遺品整理を行うのであれば、遺品のなにをどれを残すのかについて話しあいが行われるはずです。

スムーズに決定できればそれにこしたことはないですが、お金がからむことでもめてしまう原因ともなりかねません。

遺品整理で捨ててはいけないもの、残すもの、必要な物について解説

遺品整理で捨ててはいけないもののなかに行政手続きに必要になりうる書類一式です。

また仏壇やそれにまつわる物品も捨ててはいけない物品になります。

お墓に今後も必要になる書類なども残す必要書類になります。

残された遺族の方々で、誰がなにを(例えばお墓の管理は長男が行うなど)決めておくことで残された遺族の方々のトラブルを防ぐことにもつながります。

遺品整理はゆっくり進めても問題ない?

ゆっくり進めても全く問題はありません。

がしかし、遺品での衣類にカビが発生したり、物品にホコリがたまったなど、ストーブが故障で家事の原因になったり等。

ゆっくり遺品整理を行うと考えても、いつしか「そのまま」になってしまうおそれもありますので、スピーディーかつ慎重に遺品整理することをおすすめします。

遺品整理はそもそも誰がするのか?

もちろん残された遺族です。

成年後見人がついている場合でも本人がお亡くなりになった時点で成年後見人の契約は終了となります。

ですので生活保護であれば行政の保護の担当者が「独居」の方であれば行うこともあります。

がしかし、基本的には遺品整理は残された遺族が行うことが基本的になります。

遺品整理の費用は?平均の相場は?いくらかかったか?体験談を語る

基本的に遺品整理において費用がかかる場合といえば「物品等」を処分するうえでの費用です。

使わないタンスや机。

父が生前読んでいた本の山。

母が残した着物や洋服や靴の数々。

など本人でなければ使用しない物品を処分するうえで発生する費用がかかります。

しかしながらその点はバイセルなどのサービスを利用することで解決できます。

なぜならバイセルであれば親の生前着ていた着物や毛皮のコートなど高価買取してくれるからです。

しかも日本全国どこでも手数料一切かからず完全無料でご利用いただけます。

遺族の方々でトラブル原因の最もなひとつに「お金」ということがあげられます。

そこをクリアにすれば遺品整理もスムーズにすむことも事実なのです。

遺品整理で現金化をスムーズにして遺族間で分け合うこと。

そこから残された家はどうするのか?

御墓の管理は誰がするのか?

などお金のことがきっちり解決されることで、他の残された物事も決まりやすくなるというものですよね。

・父が生前好きだったレコードの数々・ゴルフセットの山々。

・楽器が大好きで部屋にたくさん残されたギターたち。

・母の趣味だった宝石やプラチナネックレス。

・タンスをあけたら奥底に眠っていた金。

など、思ってもみなかった遺品がある場合があります。

あるからこそ遺族間でトラブる原因ともなります。

しかしながら、そのものごとを皆で話し合うことで「解決」できれば一番それにこしたことはないのですが、お金がからんでしまうと身内だからこそ揉めることもこれまた事実です。

・生前の父や母から譲り受けたもののをどうしたらよいのか悩んでいる

・生前整理や遺品整理などとにかく早く片付けたてしまいたい

・遺品物品などが大量にあって持ち運ぶのが面倒である

もしもあなたが上記のように悩んでおられるのであれば、一度お試しにバイセルをチェックしてみてください。

きっとあなたが今かかえている悩みを解決できること間違いなしです。

金額にご納得いただけたら、その場で現金をお受け取りいただけます。

バイセルならご自宅まで伺うので、持ち運ぶ手間がなく、外に出ずとも気軽にご利用いただけます。

まずは無料で相談することが解決につながります。

人生100年時代とよばれる今のご時世。

あなたの人生をより豊かに生きるために「遺品整理」でいつまでも悩んでいる場合じゃないはずです。

悩む時間が多くなる長くなるほど、あなた自身のメンタルが今度はついていかなくなる可能性もあります。

まずはバイセルで無料で相談しましょう。

やり方・コツ・自分たちで費用は?

遺品整理は基本的に自分たちで行うよりもサービス事業所を利用することで無料で可能です。

やり方のコツは自分たちですべてやろうと思わないことです。

無料で使えるサービスは利用しない手はありません。

ということで今回は以上となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました