【30代向け】30代の介護転職で実際に役立ったおすすめ介護転職サイトと介護転職エージェント

現在30代のバツイチ子持ちですが介護職での転職を今考えているところです。なにかよい30代向けの実際に役立ったおすすめの転職サイトなどがあればおしえてほしいです。

こんなお悩みを解決します。

アイアム
アイアム

こんにちは、在宅ケアマネジャーのアイアムと申します。

結論から申し上げますと30代という年齢は働き盛りであり、介護職の世界も働き手が少ないこともあり働く側としては申し分がない環境がそろっております。

以前にこんなツイートをしました。

30代で急になにかしらのアクションを起こしたくなりがち、という年代に多いのがこの30代という決して若くもない、かつ年老いてもいない中間層的な年齢のポジション。

それが30代という年代層における「転職」においてもきわめて動くことにおいて難しいし気をつかうポジショニングにいる年齢といえる方も多いのではないでしょうか?

ということも30代といういわゆる攻めにも守りにもどっちつかずの年代の特徴のひとつなのですよね。

そんなこんなも含めたうえで、今回は主に30代向けの介護職員に対してのおすすめする転職方法や、介護職以外でも「こんな働き方もなかにはあるよ~おすすめかも~」というフラットなテーマでお送りしていく予定です。




30代向け転職なら介護転職の経験を生かしてブログ副業がおすすめなのか?

30代だからといってよい転職先が見つかるわけでもないからブログ副業でもやろうか?

なんていう場合はまず失敗すると考えても間違いないです。

30代からブログ副業を始められて成功されているマクリンさんという方がおられます。

マクリンさんは主にご自身が好きなガジェット系のブログを副業という形で正社員+副業で成功されているブロガーさんです。

30代という年代を考えるといろんな経験をいかして本業とブログ副業を掛け合わせて年収を上げていくという方法もこれからの時代において必須かもしれません。

かくいう当ブログも開設して4か月と3週間あまりですが、なかなかブログ収益というのも難しいものです。

が、しかしです。

やり方によっては大きな収益をあげることも可能であるのがWEB媒体でのメリットともいえるので、本業+ブログ副業の組み合わせては30代の介護職にもおすすめの方法といえるでしょう。

30代向けなら介護転職するよりも「せどり物販ビジネス」がガチおすすめ?

かくいう僕も「せどり物販ビジネス」は経験しております。

せどり物販ビジネスは介護職にもおすすめできる副業です。

よほどやり方が間違えていなければ、せどりは遊び半分でやっても副業としては毎月、数万~数十万円の利益を得ることは実際可能です。

ただし梱包作業だったり売り手と買い手のやり取りが面倒ということを考慮すれば、ぜひ明日からでもメルカリやヤフオクというプラットフォームでガシガシ稼げる副業になりますので実践してほしいと思います。

が、しかしです。

介護職がやっぱり好きだからこのまま今の職種を続けていきたい。

といった方も介護職の方でも実際に多いんです。

で、あるならば。

介護職としてのスキルを高めながら、その介護職としての経験をいかしながら副業を通じて「介護職」+「副業」というダブルワークで年収を上げる方法もありだと、なおさら転職しにくくなる30代という年代の方にとってはなおさらの理だと思います。

副業に関しては他の記事でも取り上げていますので、僕自身がケアマネジャー向けのおすすめ副業と題しておりますが、介護職の方でも応用できる「副業」のやり方などこちらから参考にしてみてくださいね!

関連記事:介護支援専門員(ケアマネジャー)ができる副業おすすめ第10選!!

30代向けなら介護より転職と副業のかけ算で年収を上げる事がおすすすめ?

これはかなり個人的な見解になりますが、年収を上げるという意味あいにおいては「転職と副業のかけ算」方式で軸ズラし転職で年収を上げる方法もあるにはあります。

なお本記事で引用させていただきましたやまもとりゅうけんさんとmotoさんに関してはこちらの記事でも関連記事を書いておりますので参考になれば幸いです。

関連記事:ケアマネジャー心が折れる対策として読むべきおすすめ書籍10選

が、しかしです。

介護職がやっぱり好きだからこのまま今の職種を続けていきたい。

といった方も介護職の方でも実際に多いんです。

で、あるならばです。

介護職としてのスキルを高めながら、その介護職としての経験をいかしながら副業を通じて「介護職」+「副業」というダブルワークで年収を上げる方法もありだと、なおさら転職しにくくなる30代という年代の方にとってはなおさらの「理」だと思います。

そのためにはホワイトな職場で働くことをおすすめします。

ブラックな介護施設で働くと副業に時間を使うこともできなくなってしまいます。

毎日くたくたに疲れて家に帰ってきて副業に取り組むという時間を作るというのも無理といえますよね。

それにいざ転職するうえでも人間関係も大事ですよね。

会社のグチばかりいう職員だらけであれば、まずその会社の将来性は皆無といえるでしょう。

伸びる会社は介護系であっても職員同士が前向きで向上心があるスタッフがそろっております。

逆にダメな介護施設でイヤイヤ働いていると自分までいつのまにかダメ職員となってしまうのです。

人ってまわりに感化されやすい生き物なので、そこは仕方ないことなんですよね。

だからこそ30代という年代において介護転職するうえでもっとリサーチするべきなのです。

当ブログでもいくつかの30代向けの介護転職エージェントや介護転職サイトを紹介しております。

下記よりぜひ参考にしてみてください。

30代向けの介護転職で転職するに際にぜひ登録して頂きたい転職サイトは以下になります。

30代向けの介護転職にオススメな転職サイト&エージェント

これらの転職サイト&エージェントは大手の介護系に特化した転職サイトを運営している会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているという点と高待遇かつ好条件の求人案件が受けられることがなによりのメリットです。

また同じ求人案件でも転職サイト&エージェントによって待遇や収入が違うことが多いので複数に登録することをおすすめします。

なので上記の6つのエージェントは基本的にすべて登録することをおすすめします。

また介護職向けの転職エージェントではないのですが、転職先を紹介するだけではなく、どう生きるかの整理をすることをサービスの主目的としたサービスであるポジウィルキャリアも30代向けの転職支援サービスとしておすすめです。

世間や自分の中の「こうあるべき」に縛られず、それぞれの人が自分なりのベストなキャリアを歩めるポジウィルキャリアはそんな社会の実現を目指しています。

ポジウィルキャリア」は、20-30代に特化した、キャリアのパーソナルトレーニングです。

あなたの実現したい将来から逆算して、後悔しない人生を生きるために必要な将来に向けた中長期の人生の指針を一緒に作ります。

ということで今回は主に30代向けの介護転職で実際に役立ったおすすめ介護転職サイトと介護転職エージェントを紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか?

30代という年代で介護職という場合であれば、今のタイミングで転職を重ねながら介護職でも立派なキャリアアップは形成できるはずです。

スーパーのレジで「ピッ」とバーコードを押して「あとは左側の自動レジで会計してください」という「ピッだけのレジ店員」にだけはなりたくないですよね。

なぜならば、あのなんちゃって「ピッ店員」にはなんの専門性もキャリアアップすらも望めないからです。

そしていずれ淘汰されることは明白です。

今はレジ店員を置いている段階ですが、これが自動レジにお客さんが90パーセントほど「自動レジができる」状態になったときには「ピッ」そのものがなにもレジ店員がする必要性もないのです。

というか今もないのですが、一応「自動レジ」にまだ慣れていない高齢者の方などおられたときに説明するなどの仕事がかろうじてあるので。

あとコンビニの店員はこれからも生き残ってきますね。

これはなんでかっていうとコンビニでは食品関連もさることながら「住民票をだしたり」「公共料金の支払い受付」「電子マネーの各種取り扱い」などの多種多様な業務があるのでコンビニ店員は「完全に自動」というわけにはまだいかないかな、というのが個人的な見解です。

ということで今回は以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました